Sample Company

クライミングは危険をともなう運動であり、施設内においても事故の起こる可能性があります。
各自の責任において充分注意をして行動するようにお願いします。

登録申込書.pdf 来店前にご記入いただくと、受付がスムーズです。

ジムで遊ぶ前に

  • ・体調の悪い方、酒気帯びの方は、クライミングをお控え下さい。
  • ・高校生以下の方は保護者の同意(登録申込書に捺印)が必要です。
  • ・小学生以下のお子様は、保護者同伴でご利用下さい。
  • ・施設内では走らないで下さい。
  • ・ごみはお持ち帰り下さい。

ルール・マナー

  • ・ひとつの壁を登るのは原則ひとりです。譲り合って登って下さい。
  • ・ホールド(壁に付いている石)は破損、回転することがあります。
  • ・ボルトやビスの緩み、異常を発見した場合はスタッフまでお知らせ下さい。
  • ・登っている人の下には入らないで下さい。
  • ・ビレイヤー(ロープを地上で操作している人)の側に近寄らないで下さい。
  • ・滑り止めのチョークは、チョークボールに入れてチョークバックの中でお使い下さい。
  • ・スタッフの指示に従って下さい。指示に従っていただけない場合、ご退場願う場合があります。

ロープを使うクライミング(トップロープ、リード)

  • ・フリーソロ(ロープ未使用のクライミング)は禁止です。
  • ・プロテクション(壁に設置されているクイックドロー)の間引きはしないでください。
  • ・髪の長い方は束ねてください。器具に巻き込む危険があります。
  • ・混雑時のハンドドッグ(途中でぶら下がったまま休憩すること)はご遠慮ください。
  • ・ハンガーの穴やカラビナに指をかけないでください。
  • ・クライミング未経験の方は正しく指導できる経験者に教えてもらうか、ジムの講習会(有料)をご利用ください。

ボルダリング(ロープを使わないクライミング)

  • ・マットを過信しないで、体勢を確保できる高さまで下ってから飛び降りてください。
  • ・登っている人以外はマット内に立ち入らないでください。
  • ・マットには腰掛けないでください。
  • ・マットには隙間やヘタリがあります。不安のある場合は移動できる補助マットを使ってください。
  • ・ハーネスにぶら下げたギア類は外して登ってください。腰から落下すると骨折の危険があります。

スラックライン

  • ・ラインから落ちたら次の方に譲ってください。
  • ・落ち方を誤ると怪我をしやすいので無理をしないでください。
  • ・怪我予防のために室内履きの使用をお勧めします。
  • ・ラインが緩んでいるときはスタッフまでお知らせください。

<< 前のページに戻る

<< サイトマップ